FC2ブログ

記事一覧

危機感を持ちなさい!

介護保険が出来て約20年。それと同時に「介護」のワードが世に知れてきた。そして、要介護認定者は急激に増えた。“誰かの役に立てるのならば…自分もできるかもしれない…”介護ビジネスと呼ばれる、高齢者向けのサービスは膨れ上がった。それに伴い雇用が拡大した…しかし、徐々に本質からずれが生じ始めた。その利用するサービスは誰のなんのためのものなのか?サービスを提供する側の目指すべき形(ケア)となんなのか?サービスを...

続きを読む

都合良いことばっか言ってんじゃねぇよ!

ある一部の大手企業さん…ちょっと聞きたいんだけどね…ついでに少し物申したいんだけどね…本当に必要なのか?なんで、人によってそんなに違うのか?人の介護度などで都合よく選んでないか?そもそも、本当に必要なサービスとは何なのか?私は、ついこんな疑問を投げかけたくなるストレートに言ってしまえば…なんでAさんに身体介護が必要なんですか? ってこと。身体介護だけじゃなくて各種加算やサービスが誰のなんのために必要で...

続きを読む

正解なんて、見つかるんか?

窓の外を見ると雲が小さな固まりで空に無数に広がってその雲の合間から青空が見えて太陽の光が熱々とさして最近の曇りと雨続きでジトジトした不快な気持ちが、綺麗に洗われる気持ち。そうした感覚って認知症を発症しても、介護を要するようになっても変わらない…そう言うけど。本当の所はどうなんだろうか?私たち介護従事者は、ある意味で自分たちの信念に従って行動しないといけないことがある。自己判断が難しい相手や、自己主...

続きを読む

遠慮やオベンチャラなんて、いらねぇ!

【遠慮が及ぼす人生の弊害とは…】私たち介護従事者は医者ではない。しかし、医者よりも深く本人と関わっていることが多い。その関わりから本人に言い渡された診断に誤解を抱くことだってある。私たち、あおぞらは認知症ケアを専門としている。本人へ診断されている認知症状がそれぞれにある。来所が始まり行動、言動、表情、呼吸、休息、服薬…様々な角度から本人を知ろうと努める。それが早ければ早いほどに本人へのストレスが軽減...

続きを読む

Today has become a special day for me!!

Today has become a special day for me!!兵藤の暑苦しい話を聞きに植村さんと衣川さんが岡崎まで来てくれました。嬉しくて!ついつい熱が入っちゃいました(笑)教育の場に「介護」を導入する必要性を感じる。最終的には子供世代から思考を変える必要がある。色んな部分に違和感を感じるそれらはきっと、良い意味でも、悪い意味でもあるんだけど、脈々と続く「当たり前」っていう大きな塊(固まり)なんじゃないかな。親が年とった...

続きを読む

プロフィール

いち子さん

Author:いち子さん
FC2ブログへようこそ!