fc2ブログ

記事一覧

五島市への出張レポート④

【最後の悪あがきっ!!】


五島市へ来て4日目となりました。


決断の日が昨日。今日は不動産関係を重点的に回る予定としていました。


でも、今日は予定変更です。昨日、気になったことを確かめるために行動に移しました。五島市は今でこそ全域を市としていますが数年前までは分かれていました。


その分かれていた部分を現在でも“郡部”と呼んでいます。岡崎市でも中央があって、北部、南部…みたいな感じ。その実態の把握がまだしていなかったのです。


4日朝


天気は相変わらずに最悪だけど、 「行くっきゃねぇっ!!」


いつものごとくに準備を整えて出発ですっ!!


4日朝2  とことん悪あがきしますっ☆


その前に、少し五島の玄関口が見てみたかったので立ち寄ります。 


ここが五島の玄関口 “福江港です” 波が高くで出航待ちの状態だとのことでした。


福江港 (2)


福江港 (3)     福江港 (1)


※地名など細かな間違いがあると思いますが、そこは勘弁して下さい☆


さて、そこから県道162号線を上へと進みます!まずは福江地区にある奥浦です。


この地区も入所系の施設さんがあります。当然ですが通所系は併設しありますし、福江の中心からも遠くないので当然な感じですね。


奥浦 (2)     奥浦 (1)


ズンズンと進んで行くと、今までとは少し違った様子になってきます。ここが戸岐地区となります。


戸岐


民家なども一気に減り、ググッと島の感じが色濃くなってきます。この辺りには流石に施設関係もなさそうですが、この先に岐宿地区があり、そこは充実感がありました。


岐宿町の入口です。


岐宿入口


道も「県道」と名はついているのですが、細いっ!!海が見えたり、山道を走ったりと非常にスリリングで御座いますが。本当に少数の部落的に民家が点在しています。


岐宿入口2   河原


岐宿の入口からグネグネと細い道を進んで行き、河原町へと出ると国道384号線へとぶつかります。国道を上方へと進んで行くと一つの町の固まりがあり、そこが岐宿町の中心部となります。


岐宿中心


そういったコミニュティーには、商店や学校、診療所などがあり当然に福祉系の施設があります。入所、通所、訪問と充実しおり人口に対して設備は整っていますが、やはり労働的な人口が著しく低下しています。


岐宿町から、今度は三井楽町へと向かう途中に“教会”に寄ってみました。


五島市には数多くのキリスト教会があります。きっと、観光的にゆっくりと見ていったら歴史的に楽しいと思います。隠れキリシタンのことなども詳しく学べそうでしたよ。


コチラは 「楠原教会」 といわれるそうです。


楠原教会 (2)     楠原教会 (1)


そこから三井楽町に入ります。この町は遣唐使に非常に縁が深い町とのことで、またまた私の心をくすぐるのですが“ここに何をしに来たんだっ!”と喝を入れて包括支援センター(サブ)の門を叩きます。


三井楽


ここもそうです、福江地区のような場所以外の郡部と呼ばれる地区では、そこに必ず一つのコミニュティーが出来ています。そして、必ず言われるのは“人材不足の問題”です。


途中で、柏崎の 「空海記念碑」 に寄りました。


凄い風と、恐ろしいくらいに強い強風の中、おばちゃんがいたので「いつも、こんな感じですかぁ~?」と聞くと。


「普段は、もっちょええから、また来んさい」と言いながらゴミを捨てていましたw (ゴミ箱にね)


柏崎 (2)


柏崎 (1)     柏崎 (3)


強風で身体が押されるし、ブラックキングの御守りがコロコロと飛ばされるしで大変でしたが、そこから今度は玉之浦地区に向かいます。


その途中で有名な“高浜海岸”に寄ったのですが、風と波が強すぎて全くもってダメっ!それでも、間違いなく海が綺麗すぎるくらいに透明なことは分かりましたっ!!


高浜


そこから玉之浦町に入るのですが、やはりここも同じですね。


「昔は栄えておったんよぉ~」とおばちゃんに教えてもらい、昔の旅館を改装して福祉施設になったことや、働く場所も行く場所も、そこになってしまったことも話してくれました。


玉之浦 (2)


玉之浦 (1)     玉之浦 (3)


こんな足湯の場もありましたが、人は本当に少ないですねぇ。この辺りでは、海に大きな網を張って、マグロの養殖をしている様子でしたね。


玉之浦 (4)


この近くに、これまた有名な “大瀬先灯台” があるみたいでしたが、お仕事中やろっ!とムチ打って、次のサブ包括さんへと向かいます。


玉之浦地区から富江地区に入っていくと、ガラリと雰囲気が変わってきます。4日も過ごしていると、何となくその辺りの変化が分かるようになってきました。


結局は大きな施設もあり、不自由なく暮らせる範囲へとなっていきます。


ちょうど、海でゴソゴソとおばあちゃんが何かをしていたので声をかけます。


富江 (1)     富江 (2)


すると、「わしゃ~おば捨て山に行くのを待っとるだぁ~」と話してくれました。


福江地区でもリサーチをしましたが、郡部では特に自らが入所を息子などから告げられるのは待っていて覚悟をしている傾向に感じました。そして、皆さんの気がかりはお墓のことが多かったです…。


そこから大浜地区に行くのですが、もうこの辺りは充実しています。


ちなみに、ここに五島市の自動車学校があります。


大浜 (2)     大浜 (1)


朝から、ガッツリと郡部を回ってサブ包括にて聞き取りと、現地の方の声を聴いてくると結構な時間です。その合間をみて、今日は定食を食べますwww

昼飯


そんなこんなで、もう一度市役所の介護課に行ってみようと考えていると設楽君から一本の電話が…


『五島市の市議会 副議長さんが会ってくれるそうです』 と。


えぇ~っ!!すごいやんっ!!てか、設楽君すごいやぁ~んっ!!と思いながら、電話ではバレたら恥ずかしいと思ってクルーを決め込み「ほんなら、連絡してみるわ」とか言っちゃってwww


早速に連絡をして、お会いすることが出来ました。


市役所リターンです!!


市役所リターン


忙しい中、貴重な時間を頂戴できて本当に有難う御座いました。非常に内容の濃い話が出来たと思います。ただ、こうして今日、不動産ではなく現地を回っているということは、そうゆうことです。


ただ、次へとつながる形は十分に作れたと思いますし、その先に必要なことも分かりました。あとは帰ってから設楽君へと、その内容を伝えます。


五島市での最後の夜…本当はもっと結果が出ていたら良かったんだろぉけど。


毎日、「一菜」さんにお世話になりました。五島の温かい人柄と、美味しいご飯を食べると、本当に気持ちが豊かになりました。知らない土地に来て、仕事をするって、思ってたよりもハードなんですよね。


受け皿もなく、自ら開拓していく方たちの気持ちが多少なりとも分かったような気がします。まだ、残りの一日があります。少しは、五島の島を観光気分で回ってこようかなwww


~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いち子さん

Author:いち子さん
FC2ブログへようこそ!