fc2ブログ

記事一覧

五島市への出張レポート⑤

【グッバイ!五島市!!また来る日まで…】


早いもので今日で五島市に来てから5日目の朝です。


今日はだんだんと天候が良くなる予報。ここから眺める景色も最後だとおもうと何だかなぁ~な気分です。


saisyuubi (8)


毎朝、ごはんを出してくれた、おばちゃんや民宿でお世話になった方々へ深々とお礼をし宿をたちます。本当に素敵な宿でしたョ。皆さんも五島市へ出かけた際には是非っ!!


『島の宿 ごとう』 さんです☆


さぁっ!今日は市役所から攻めるぞっ!! と意気込もうとしたのですが…何だかぁ。


saisyuubi (5) まぁっ今日はいいかぁ…w


みんなへゴメンナサイと心の中でつぶやきながら最終日は少しだけのんびりすることにしました。本当はゆっくりと観光したかったんですよねwww


でも、色んな人と話をし過ぎたのか、ち~と心の人間避けたい病になってしまいました。観光って気分でもなくなり、ただ綺麗な景色を見ながら過ごしたくなり。


五島でも有名な 大瀬崎灯台へ!! 行ってみます。


福江市内から車で約1時間程度の距離にある最西端にそびえる灯台です。車を走らせると、すぐに島の自然に囲まれていきます。豊かな自然に囲まれた五島は本当に素敵です。


山道を進み駐車場につき、そこからは徒歩で灯台に向かいます。


saisyuubi (2)



静かな山道を約1.2㌔緩やかに下りながら、動物の鳴き声が非常に心地よく、また徐々に近くになるにつれて波の音が強くなり自然の強さを感じます。


この大瀬崎の灯台は色んな映画のロケ地としても使われたそうです。灯台に向かう途中で丘に登る道があり登ってみると、この景色です!!


saisyuubi (22)


その先を進むと大波に削り取られた崖の上に聳え立つ 大瀬崎灯台が表れます!!


saisyuubi (16)


急な階段を上り、灯台に到着です。そこから見る景色を見ると…。


saisyuubi (20)



言葉を失います…。


saisyuubi (18)


ここに来て、自分は十分に役目を果たせたのだろうか。悔いがないように全力で本当に動けただろうか。今回の判断が正しかったのだろうか。ずっと考えていました。


この景色を見ていたら、何だか人の小ささや弱さ、悩みや不安など、全くもって大したことないと思えてきます。人間が作り出した世の中で勝手に疲れているだけ。


本来の生き方ってなんなのだろうか?その気持ちを自分自身に問いただすように、この美しい自然が深々と心に染みわたっていく感覚でした。


自然と涙が流れてくる…。悔しいのか、情けないのか、自分のことを大切に思うことが私は苦手。でも、自分が一番に味方してあげないといけないのは自分なのに。


五島市の魅力に私は完全にとりつかれたようですw


気が付いたら2時間も海を眺めていました。でも、不思議とそんな時間が過ぎたとは全然おもいませんでした。そこからも海を眺めに行こうと高浜海岸に向かいます。


向かう途中でも、その海の綺麗具合が際立ちます。今までも、色々と海を見てきて、私の中では高知県の海が一番でしたが今回の五島市訪問でその順位は変わりそうです。


saisyuubi (14)     saisyuubi (12)


高浜海岸につくと、ちょうど観光客の団体さんが居たのでUターンして頓泊海岸へ行くことに。この頓泊海岸は非常に遠浅で海の綺麗具合が半端ありません。


本当に綺麗でウットリとしてしまいます。


saisyuubi (10)


この綺麗な海をもっと近くで見たいなぁ~と思い、入ったらダメなロープをまたぎ近づきます…“ほほ~本当に透明だぁ~”と近づいていき、今度は本当に海か?とお味の確認で水を舐めようとした瞬間…


ツルッ!! 『ほぎゃっ!!』 ドボンッ!!


まさか冬の海で海水浴をすることになるとはw 五島市に来て一番の思い出が最終日になるとはねw 誰もいない海で五島の海の味も確認できたし久しぶりに大笑いしましたね☆


saisyuubi (4)     saisyuubi (7)


スーツケースを広げて、まさか総着替えをすることになるとはねw 濡れた服を軽く洗って干している最中は波の音を聞きながら寝転がって物思いにふけます。


五島に来てからの5日間のこと。努力するってこと。それの意味や目的がなんなのかって自分に聞いてみたりもしました。仕事もせんと海を眺めていた罰が当たって海に落ちたのかなと思うのも一つ。


十分にやれるだけのことはしたから、ここで波の音でも聞いて少しは自分と向き合ってみろっていうのも一つの考え。つまり、どんな考え方をするかで、どんな意識を持つかで人生はどれだけでも豊かになるのだと思います。


物事に対して、前向きにトライできるってことは、それ自体が豊かな気持ちの象徴なんだと。今回の五島市への訪問はあおぞら・保母で勤める設楽君が五島市で「あおぞら五島支店」を立ち上げた際にそれが可能かどうかを見極めるため。


馬鹿げた話のようで、ここ五島市へ支店ができたら、それはきっと面白い形ができると思ったから興味があったから行動することができた。


実際に来てみて、実際に感じたからこそ分かったことが多くあった。そうじゃなかったら、きっと私の中で「あの時、もしかしたら…」と後悔の念が残っていたと思う。


それを考えたら、今回は自分の中で精一杯に努力したのだと自分を認める気持ちが出来ました。これ以上にないくらいにタイトに時間を調整し知らない土地で動き回り、話をしました。


3日目を前にして、帰りたくなったのも事実。


でも、ここで過ごして五島市の良さが本当に分かりました。色んな部分が難しいことも痛感しました。だからこそ、新たな気持ちが生まれ今度はそれに向けて行動しようと考えています。


それに、自分がいかに豊かに幸せで過ごせているのか、そう家族であったり、あおぞらの仲間であったり、本当に自分が居られるのは皆のお陰なんだと本当にそれが何よりも幸せで自分の心を豊かにしてくれる存在なんだと再認識できました。


濡れた服もそこそこにしまって、高浜海水浴場を見てから国道384号を福江方面に向かわせます。この辺りの海は本当に綺麗すぎます!!


saisyuubi (21)


設楽君に「福江港」の中に浜口水産ってのがあるんで、そこのハンペンを食べてこいっ!と脅されたので行くしかありませんwそうゆうことで、昨日に続いて福江港に到着。さっそく浜口水産さんへ。


saisyuubi (19)


一番オーソドックスなタイプを選んで食してみます。


「んっ?」 なんだコレッ!!メッチャ美味いやんけぇっ!!


五島に来てから食べるもので口に合わないものがない!本当に何でも美味しい!!私たちが通常で口にするハンペンとは全くもって違いますっ。驚きっ!!すり身が少し粗いのかな?これが美味しいっ!!


saisyuubi (17)     saisyuubi (15)


そんで、これまた設楽君が「寿し善」ってとこが安くて美味いんで寄ってこい!!と言われるので、帰る前の最期に五島はやっぱり五島らしくお寿司を食べに行くことにしました。


saisyuubi (11)


仕込みの時間中だったにも関わらず、「いいですよぉ~」と若大将が迎えて下さり。おまかせで握りをお願いします。写真以外にも何貫か出して頂いたのですが、やっぱり美味いっ!!


感動ですよ。この味はっ! トータルで10数貫出てきて上寿司1400円也!!


saisyuubi (13)


ボチボチと帰る時間が近づいてきます。帰る前に、ずっとお世話になっていた「一菜」さんの女将さんが店に寄るようにと言われていたので連絡をし行くと。


なんと、五島のお土産を準備して下さったとのことで。本当に申し訳がないやら、嬉しいやら。すごく有名になってきている五島100%のプリンを持たせて下さるとのことで。


なるべく最高に美味しい状態を渡したいとのことで、お店に頼んで空港まで持ってきてくれる手はずまでして下さいました。本当に五島での母と呼びたいくらいに良くして頂きました。


今度は、家族やあおぞらメンバーと一緒に訪れたいと思います。本当に有難う御座いました。このご縁を大切にしていけたら嬉しいですね。


空港へと向かう途中は少し傾斜があり、そこから福江の町がよく見えます…


saisyuubi (6)



旅立ちの時間が近づきます…


saisyuubi (3)


空港に車を止めて、ごとう屋さんへ連絡を入れます。“鍵はその辺にしといて下さいねぇ、大丈夫!五島に悪人はいませんからw”と流石の対応ですwww


五島で唯一の通所のみで運営をされている富江町の「デイサービスのち」さんにも一報をいれます。本当にたくさんの方との出会いに感謝です。


荷物を預けると、女将さんがお願いした「鬼岳プリン」をもって届けに来て下さいました。新鮮でデリケートですから、大切にお持ちくださいねと。ものすごく慎重に大切に自宅まで持っていきますね☆本当に有難う御座います。


saisuu.jpg


五島市へサヨナラの時です。


この5日間。終わってみれば、本当にアッと言う間に過ぎました。ありとあらゆる人や施設と出会い。肌をもって感じた5日間。どうにかして、ここ五島市と良いパイプが出来たらいいなぁ~と切に思うのです。


岡崎市もきっと素敵な場所です。でも、住んでるとそれが当たり前になって行きますよね。五島も同じだと思うんです。その場所にいることが当たり前だからこそ見落としている部分がたくさんある気がします。


それに、正直に言って岡崎市民が岡崎を愛する気持ちの何十倍も五島市民は五島市を愛していると思います。


介護分野での参入は現時点では非常に厳しいものかと思われます。しかし、ここ3~5年の内に変化が間違いなく起きるであろうなとも感じました。


五島列島 ここは特別な場所に感じます。色んな意味で。


労働人口的ににも、介護や医療などに関しても、将来の日本全体としての20年後や30年後を描いているように思うのです。介護保険導入前から市をあげて介護分野の充足に尽力した形。


人口減少にともない労働人口の減少。それに対応するためITの導入。職員レベルの向上に対する課題など。ここが一つの指標となる場所だとも思います。


また来たいですね!五島市!!


あおぞらの保養所でも作ろうかなぁ~… でも運賃がなぁ~www


toke-ko (3)


帰りの便は福岡空港経由です。乗り継ぎですが、福岡空港と五島空港の差に愕然とします。


そこからセントレアに向けて出発!国内線に乗ったことも初めてでしたが、飛行機はやっぱり飛行機ですね。不思議と海外から帰ってきたような感覚になりますwww


でも、仕事で使われている方が本当にたくさんいるんだなぁ~と様子などを見て思いましたね。五島から乗り合わせてた方がセントレア線に乗っていましたし五島市へ行く方もたくさんいますね。


空港にはファミリーが迎えにきてくれていて、この再開が何とも嬉しかったですねぇ。高速道を走らすと、それだけで何だか都会のような感覚になってしまうので五島に5日いる間に五島感覚になってしまいましたねw


帰宅したのは23時頃。


色んな経験が出来た今回の視察。近日中には、その視察内容をまとめたいと思います。左の手首がやたらと痛むなぁ~と思ったら頓泊海岸で海に落ちた際に腕時計がちょうど石の出っ張りにあたったんです。


そのおかげか、手首は切らずに済んだんですが、時計はバッキッと外れて壊れてしまいました。親父の形見だったんですが…怪我から守ってくれたんかもなぁと思います。


toke-ko (1)


私の「五島列島への出張レポート」も一先ず終了です。


あっ!あと、福岡の空港にいる時に設楽君から連絡があり「空港にオカンがお土産を持って行ったそうです」と。全く知らずに、会うことも出来ずに帰ってしまいました。


本当に申し訳ないことをしました。ゴメンナサイです。


~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いち子さん

Author:いち子さん
FC2ブログへようこそ!