FC2ブログ

記事一覧

薬が身体に入ると、どうなるの?

【今日もお薬についてお勉強しますかね☆】


もう週末…。もう月末…。やること山積み…。色んなことあり過ぎ…。


やるしかない。


さて、少し疲れ感MAXな感じからスタートですが先週に続いて薬について少しお勉強したいと思います。


皆さん 「薬」 何気なく当たり前のように処方されたら飲んでいませんか?


薬って4種類に分類されるって話は前回にしたかと思いますが、それを服用した後ってどうなるんでしょうか?知ってますか?


薬は血液と一緒に全身を巡るんです!!


鎮痛薬を飲んで頭痛が治るのは、服用した薬の有効成分が小腸から吸収されて血液に乗って痛みの中枢がある脳にたどり着き効果を発揮するからなんです。


鎮痛薬の他にも、睡眠薬やアルツハイマー病の治療薬なんかも同じように血液によって成分が脳に運ばれて作用します。飲んだ薬は胃の中で溶けて小腸から吸収され肝臓で一部が分解され血液に乗ります。


そして、血液と一緒に全身を巡り必要な場所で効くようになっています。それで、ある程度の時間が経つと尿と一緒に体外へと排出される仕組みになっています。胃薬とかは直接に胃の粘膜に作用されるんですよ。


じゃぁ副作用はなんなのさっ!!


薬には必ず副作用があります!主作用とは、その薬本来の目的の働きのこと。鎮痛薬なら痛みを鎮めることです。その一方、副作用は本来の目的以外の好ましくない働きのこと。


例の鎮痛薬なら胃炎などの消化器系の副作用が多く見られます。薬ごとに出やすい副作用がありますが、薬の成分は全身をめぐるので体のどこで副作用が起こっても不思議じゃないんです。


とくに、薬を分解する肝臓、体外に排泄するときに通る腎臓は副作用の危険が高い臓器とされています。肝臓や腎臓の機能が衰えてきている高齢者はとくに注意が必要となってくるんですョ。


さて、今日はここまで。


私たち介護職員は「介護」だけではく「医療」に関しての知識も必要です。


人がひとと関わるとは、そうゆうことです。いざという時に正しい行動ができるのか。少しづつでも学んで行きましょうね☆


th.jpg


~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント