FC2ブログ

記事一覧

日常ってなんだろう?

【色んな活動を展開中っ!!】


皆さんご存知の 『あおぞらイキイキ隊』 を始めとして、固定概念にとらわれない活動が大好き!


だって、やれることメッチャあるんだもん(笑)


高齢者だからとか、障害があるからだとか、認知症を発症してるとか… 一体全体なんなのさっ!


誰でも年を重ねるし、病気になることだってあるでしょうが。それなのに、そうなった途端にそうゆう人にされちゃうしなってっちゃう気がする。


でもさ、誰もが望んで、そんなんにならんじゃん。


なのに「年を取ったら、そんなことせんでいい!」とか「年甲斐もなく!」とか…そんなん関係ないじゃん。


年を重ねてもやりたいことだってあるし、むしろちょっとしたサポートで出来ることが山ほどある。年齢を多くなれば、ちーと手助けを求める場面だってあるでしょ。


逆に、そんくらいのサポートくらい若者はしてあげたらええやんけ。結局のところ、そんなんしても文句言われるかもとか、めんどくせ~とか言いながら勇気がなかったり、できれば関わりたくないって思うんじゃないかな。


でも、必ず人は年を取る。


お父さんも、お母さんも、爺ちゃんも婆ちゃんも、みんな若くて子供で赤ちゃんの時があったんだよね。つまり目の前の子供も赤ちゃんも自分もいつかは、そうなるってこと。


その立場や、その人にならなければ本当の苦しみは分からないってよく言うでしょ。確かにそうかもしれない。でも、自分が年を重ねた時に人から自分の存在を知られずに見られない立場になったらどう思う?


やりたいことを言えない環境とされ、我慢し「年よりなんだから、それでいいんだよ!」と決めつけられたらどう思う?それを好む人っているんかなぁ。


高齢者だろうが、障害だろうが、認知症だろうが同じ 「人間」


こんなことを言うと、だったら年寄りも若い世代と同じように働いたりしろよ!とか考える輩が必ずいます。そんな小さな心にならんと広い心を持ちんさいよ。


私なんか、ここ数年、切に思ってるのが戦争を体験した方の真の声が近いうちに聞けなくなること。これらは、またの機会に書きたいと思いますが。そんな経験をしてきている世代。


今の若者世代に「戦争」に行きなさいと言われ、閉鎖され、監視され、食べ物もなく空から爆弾が落ちてくる生活ができますか?ってこと。嫌でしょ?


同じように若いころがあったとしても、時代により過ごし方は様々。


もっと広い心で、広い目で、当たり前が当然に出来るように。日常がその通りで過ごせるように。


そして「ありがとう」って当たり前に言えるような世の中にして行きましょうよ。みんなで!!そのキッカケになるような活動を、あおぞらはやり続けますョ☆


housi.jpg



あおぞら新メンバー大募集中!! ←←← GO!クリックッ!!


~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント