FC2ブログ

記事一覧

あおぞら保母の朗読会

【あおぞら保母の朗読会】

あおぞら日名を利用されているMさん。

そのMさんが自身で書いた “戦争の記録” があります。

このブログ内でも紹介させて頂いたMさんの貴重な記録を、あおぞら保母でも私が朗読する形で紹介させて頂きました。

皆さん、本当に真剣な表情で聞き入って下さいました。

yooo (1)

お仲間さん、それぞれの中にある「戦争」という非情な出来事を思い出していたようでした。

また、改めて感じたこと…

戦争とは決して戦地に行った者だけが苦しんだわけではありません。ただ、そうした中でも実際に戦地にて戦争を経験した方が本当に少なくなっているという現実です。

この記録を書いたMさんも志願し海軍となりました。このMさんの年代が戦地を経験しているか、していないかの大きな境目であるのです。


yooo (2)


Mさんの記録を聞きながら、色んなことを思い出し、言葉に詰まる方が多くみえました。

どこかタブーとされる話題。

でも、現実に起きていた事実なのです。

戦争(大戦)が開戦となったとき、殆どの人は実感がなかったと聞きます。

知らずのうちに戦争が始まり。生活が一変したと…。

戦争を経験した方が、こんな話をして下さったことを覚えています。

今の日本は、世界は、その時の世の中に似ている気がする。

そんな空気感がある。もっと関心を持たねばいけない。


現実に起きた悲惨な出来事が歴史的な事柄とし忘れ去られていく。教科書に載せて教育しても、あまりにも非現実的な世界観に恐怖を感じることができない。

意識をし感心を持つことから遠ざかり「戦争」が過去のものになっていく…。

絶対に繰り返してならないこと。そうならない為に、そうしない為に身を粉にしてきた人たちが役目を終えていくことで同じ過ちを繰り返す危険度合いは年々と高まっている感じがする。

人の頭の上に鉄の固まりが降ってくる…

生きてきた人生が一瞬で消えてしまう…

大切な人と二度と会えないかもしれない恐怖の日々…

繰り返さないためには、自分達の世代がもっと真剣に考え後世に伝える術を身に着ける必要もあるのだと思います。自分達のため、子供達のため、孫やその先の全ての人のためにタブーに踏み込んで行く勇気が必要なんだと思います。

もっと世界の動きを気にしてみて。今の世の中でも戦争をしている現実を受け止めてみて。政治に関心を持ってみて。知らずのうちに開戦した恐怖を伝えてもらってるのに、そこから何も学ばないのは、如何なものだろうか?

気がついたら「戦争」に突入していた…それでは遅いんですよ。

Mさんが教えてくれた怖さを、もっと意識しないと。


~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いち子さん

Author:いち子さん
FC2ブログへようこそ!