FC2ブログ

記事一覧

無関心のままだと、すごいことになっちゃうよ…

【無関心のままだと、すごいことになっちゃうよ…】


世間はGWが明けて、憂鬱なムードが漂っとりますな。

ウチの坊主らも「あぁ~今日から学校かぁ~っ…」と布団の中でブツブツ言っとしました(笑)

でも、冗談なしにGWなどの大型連休明けは、色々と気を付けんとアカンらしいですよ。

子供も大人も精神的に不安定になっちゃうそうで無理に学校や仕事に行かんでもいいそうです…。

世の中、考え方も変わってきてるんですねぇ~。

私はと言いますと連休も関係ないので、いたって普段と変わりません。

あおぞら日名に行けてないなぁ~と反省しつつ朝は送迎車を洗車してきました。

ただ、私がいなくても皆が本当にしっかりしていることへの感謝と、

そんな様子にホッと胸をなでおろし、皆の成長を感じるが嬉しいですね。


koinobori (2)
(写真は本文をイメージさせるものではありません)


さてさて、話題は少し変わりまして…皆さんは

「超・超高齢社会」 というワードを聞いたことありますか?

来年の2020年には東京でオリンピックが開催されますよね。

それに盛り上がることは良いんですが、

その直後!2025年には団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、

国民の3人に1人が65歳以上5人に1人が75歳以上という…超・超高齢化社会!となります。

少子化の見通しも悪く、

働く現役世代の割合が大幅に減り行く中で、高齢者世代を支えるのです!


sakura (8)
(写真は本文をイメージさせるものではありません)


1965年頃は、65歳以上の人1人を、20〜64歳の人9.1人で支えていました。

1人の高齢者を多くの若い世代が支えていることから、この頃を「胴上げ型」と呼んでおります。

しかし、時代の流れは早く日本では少子化高齢化が急速に進みました。

そして。2012年には2~4人が1人の高齢者を支える形から「騎馬戦型」と呼ばれるように。

そして、今後は1~2人で1人の高齢者を支える「肩車型」になることが予想されているのです。

現役世代の労働・納税がなければ社会保障費は持続できません。

これは、2025年問題の中でも深刻な課題でしょうね。


sekai.jpg
(写真は本文をイメージさせるものではありません)


それに対して日本はどげんなことを考えとるのか?

◎医療・介護制度

◎地域包括ケアシステム

◎人手不足対策


これらを柱として、この先のことを考えてくれとるそうです。

ただ、こういった類のもんは正直なところ、その形を感じるまでに時間がかかります。

そうなると、やっぱ大切なんは、自分たちにも出来ることはないんか?ってことです。


gennkannsaki (1)
(写真は本文をイメージさせるものではありません)


◎年金・医療費対策

◎介護対策

◎貯蓄と投資


自分たち個人が来る「超・超高齢化社会」に立ち向かう術を講じるんです。

誰もが経験のない未知なる社会となります。

そうれは、どういったことか?簡単に言えば今まで…

当たり前と思っていたことが、当たり前でなくなる!!

そんな時代になるでしょうね。

社会保障資源である介護の分野にしても同じです。

介護保険が成り立って、これで約20年になります。

20年の間に染み付いた介護や福祉への恩恵も当たり前から外れた考えになることが想像できます。

国に自分の将来を委ねることは正直に言って難しいと私は思います。

自分の将来は、自分自身で責任を持って準備しておく必要性が高まったのです。

2025年問題について十分に理解しましょう、

そして、目を背けずに現実に立ち向かいましょう!!

この課題は高齢者世代だけの問題ではないってこと。

何となく分かったでしょ?全ての国民の課題です、

大袈裟ではなく生きていく将来に関わる重要なメッセージです。

そして、最後に

この先、間違いなく介護に対する価値観が大きく変わります!!

これは断言しても間違いないと思います!!

そう、当然のことですが介護に従事している介護職員さんへの価値観も変化が生じます。

介護とは…の先にくる言葉は間違いなく素晴らしいものになると信じています!!


saracyann (7)
(写真は本文をイメージさせるものではありません)


未来ある子供たちを輝かせるには、

子供から大人まで全ての意識を変革していく必要があります。

その現実から目を背けないで。

見たくない現実に蓋をしないで。

そのままだと、気がついたときには、すごいことになっちゃうから…。


あおぞら新メンバー大募集中!! ←←← GO!クリックッ!!

~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント