fc2ブログ

記事一覧

作り話なんかじゃない、本当の話

【作り話ではない、本当の声を聞いて下さい】

また眠れない夜がきた…。

言葉にならぬ、ボソボソと小さな話声が夜中には、やたらと耳につく…。

ギリギリと歯ぎしりを鳴らしながら、家中を歩き回る。

戸や、玄関、ドアノブ、机、棚あらゆる物をカタカタと動かし触り音を立てる。

そして、時々に不気味にも聞こえる唸り声を大きく上げる。

私は、2階のベッドに居ても、それらの動きが気になって眠れない…。

そして、ムクッと起きると、その音のする場所へ行く…

半ば諦めた思いで「○○(本人の名前)今は夜中だよ。ベッドで眠ろう」と声を掛ける。

しかし、その声は届かない…何度も繰り返すやり取りの中で

衝動的に私も大きな声がでてしまう。

その声に○○は険しい表情を見せ、私に罵声を浴びせてくる。

そんな言葉を今まで一度だって聞いたこともなかったのに…

もともと、頑固な一面はあった。

だけど、本当に優しくて良い○だった。

それが、今では…

悔しさが込み上げてくる。

認知症と思いたくなかった。○が認知症になるなんて。。。

仕事の一線から離れたら、二人で色んなところに行こうと計画していた。

なんで○○だったんだろう…。

新薬の開発に期待をした。

色々な情報を調べつくした。

先生を信頼し、ついてきた…二人で住み続けたかったから…。

でも、もう限界かもしれない。

介護保険のサービスにも何らかの希望を持っていた。

でも、進行は止まらなかった。

変わりゆく○との生活に疲れが溜まった。

その度に、新しいサービスを検討し導入した。

一時的に疲れは取れたように感じるが、その度に○の状態は悪化した。

先生にも相談をし続けた

色々な薬を試される度に○○の人格が壊れていくのを感じた。

そして、食べ物を受け付けなくなった…

このままでは衰弱してしまう。

しかし、先生は「もう末期なんだから、仕方がないよ」の一言。

一体何なのだろうか…

私は、どうしたら良いのだろうか…

介護サービスの施設からも「食べないので、帰宅させてもいいですか」との連絡が入る。

何のための、誰のためのサービスなんだろうか…。

このまま、○○は衰弱し死んでいくのだろうか…。

それでも、私に罵声を浴びせる元気がある。

もしかしたら、また元気に回復してくるかもしれない。

そうしたら、また一緒に二人で過ごしていける。

変わり果てた姿となっても…声となっても…○○は、○○なんだ。

私の体力や気力も、いつまで保つか分からない…

でも、私以外に○○を救ってやることは出来ないんだ。

目の前で○○は、唸り声を上げている…。


ぶるごうw (2)


作り話ではない、本当の話。

本当に苦しんでいる方の声。

あなたは、どう感じましたか?


あおぞら新メンバー大募集中!! ←←← GO!クリックッ!!

~脳と体のいきいきセンター~
有限会社 デイサービス青空


デイサービスあおぞら
〒444-0918
愛知県岡崎市日名中町18番地1 
TEL:(0564)66-0022 FAX:(0564)66-0007
E-mail:info@aozora-day.com

デイサービスあおぞら・保母
〒444-0004
愛知県岡崎市保母町字三反田5番地6
TEL:(0564)27-6355 FAX:(0564)27-6365

HP:http://www.aozora-day.com
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いち子さん

Author:いち子さん
FC2ブログへようこそ!